◆告知されちゃいました◆



検診に、ひっかかっちゃった

私は、毎年子宮ガン検診をしています。
今年も「3月だから、やっとくか~」と、検診を受けました。




忙しくて、検査結果を聞きに行ったのが19日後。
先生「・・・でちゃったわ」
マキ「え?」
先生「早期の子宮頸ガンの疑いがあります。大学病院を紹介しますから、明日すぐに行って下さい」
マキ「・・・はい」

検診の結果はクラスⅣ。
ちなみに、クラスの内訳は以下の通りです。
Ⅰ  良性細胞
Ⅱ  多少炎症所見あり(良性範囲)
Ⅲ  ボーダーライン
Ⅳ  早期ガン(悪性 子宮ガンの疑いあり)
Ⅴ  (悪性 子宮ガンの疑いあり)

正直言って、涙が出そうになった。けど、我慢した。

病院で紹介状を受け取り、彼氏に「話がある」と電話。会社に向かう。
彼氏とは、現在同棲中。特に結婚の予定もない。
会社の近くの喫茶店に向かう道すがら、
マキ「子宮ガンの疑いがあるって」
彼「・・・大丈夫だよ。医学は進歩してるんだから。」
マキ「明日、大学病院に行ってくれって」
彼「・・・結婚しなくちゃな。保険金受け取るために」
これは彼氏の冗談だが、私はメチャメチャうれしかった。
実は会社に向かいながら、ずっと「別れても仕方ない」と思ってたから。
やっぱり、オンナにとって
子宮ガン → 子宮摘出 → 子供が産めない → 別れても仕方ない
と考えるのは、自然な流れだと思うから。

とりあえず、翌日の大学病院の診察について来てもらう事となり、帰宅。
ネットで、「子宮頸ガン」を調べまくる。

・・・なぜか涙は、ほとんど出なかった。何回も出そうにはなるんだけど。

これが、このプログを始めるきっかけ。これから、経過を報告して行きます。
[PR]
by maki18th | 2005-03-28 17:00 | 子宮頸ガン
<< 大学病院 初日


ある日突然「子宮頸ガン」を告知されたmakiの日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
タグ
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧